宿根アスター (シオン)


宿根アスター(シオン) 画像

撮影 2013.9.8 茨城県

シオンは9月28日の誕生花です
シオンは10月7日の誕生花です

シオンの別名
オニノシコクサ(鬼の醜草)、オモイグサ(思い草)
英名 Tartarian aster.
学名  Aster tataricus.

シオンの科と属性
キク科シオン属

シオンの草丈
50cm~2m

シオンの花期
9月~10月

シオンの花言葉
追憶、御機嫌よう、追想、君を忘れない、どこまでも清く、遠い人を思う

シオンの育て方など

宿根アスター(シオン) 画像

撮影 2013.9.8 茨城県

野菜も花にも果実を元気に育てる!植物用万田酵素♪アミノアルファプラス

シオンの花が咲き始めました。

 
シオンは宿根アスターのグループの中の
代表的な花です。

 
アスターと言っても 園芸上はエゾギクと呼ばれるようです。

 
北半球の地域に自生している品種を
改良したので
どの品種でも厚さや寒さに強いです。

 
宿根アスターの仲間には
シロクジャクやユウゼンギクなども含まれます。

 
シオンの植え場所は
土質は選ばないのですが
夏の強い日差しが差さない場所が適しています。

 
植え付けの時期は
3月上旬~4月上旬に植えます。

 
移植はあまり好みません。

 
シオンの増やし方は
3月に2~3芽ごとに株分けします。

 
5月~6月頃でしたら 挿し芽も可能です。

 
強い西日は苦手ですが
日光に当たるのは好きなんですね。
 

宿根アスター(シオン) 画像

撮影 2013.9.8 茨城県

 
日に当たると沢山の花を咲かせます。

 
乾燥が続くと株が弱ってしまうので
2~3日に1回は水遣りをします。

 
シオンは草丈が高いので
庭植えの奥のほう方が向いていると思います。

 
すっと比較的しっかりした茎なので
我が家は支柱はしてありません。

スポンサーリンク

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive