ハクチョウゲ(白丁花)


ハクチョウゲ 画像

撮影 2013.5.24 千葉県

ハクチョウゲは5月20日の誕生花です
ハクチョウゲは8月11日の誕生花です

ハクチョウゲの別名

白丁花、バンテイシ(満天星)、ハクチョウボク(白丁木)
学名 Serissa
英名 serissa

ハクチョウゲの科と属性

アカネ科ハクチョウゲ属
半落葉低木

ハクチョウゲの草丈

ハクチョウゲの花期

6月~8月

ハクチョウゲの花言葉

純愛

ハクチョウゲの育て方など

ハクチョウゲ 画像

撮影 2013.5.24 千葉県

花木・果樹・観葉植物など日本最大級のガーデニングサイトなら【日本花卉ガーデンセンター本店】

原産地は中国で 生垣などに使われている葉の長さが2センチ位の光沢のある綺麗な葉っぱの木です。
斑入りの葉もあります。
白や薄い紫色の小さな花を沢山咲かせます。

遠くからでは花がよく見えないのですが 
近くで見るととても可愛い花が満天の星のように咲いています。

八重咲きはヤエハクチョウゲ、薄紫の花はムラサキハクチョウゲと言うようです。

実家では高さが低めの生垣にしてありますが
日なた~半日陰くらいの場所が好きなようです。
日陰は花の咲き方が少ないようです。

翌年も花を楽しみたいのなら 刈り込みは花が咲いた直後に行うようにしましょう。

スポンサーリンク

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive