ハス、はす、蓮(古代ハス)


ハス(古代ハス) 画像

撮影 2013.7.9 茨城県

ハスは7月3日、7月8日の誕生花です
ハスは7月23日の誕生花です

ハスの別名
学名 Nelumbo nucifers
英名 east lndian lotus

ハスの科と属性
スイレン科ハス属

ハスの草丈
30cm前後(古代ハスは1m以上)

ハスの花期
7月~8月

ハスの花言葉
遠くにいった愛、雄弁、清らかな心、純真、素直

ハス(古代ハス) 画像

撮影 2013.7.9 茨城県

スポンサーリンク

ハスの育て方など

ハス(古代ハス) 画像

撮影 2013.7.9 茨城県

イタリアンガーデンコレクション【種】

ハチス(蜂巣)の略称です。
花後にできる果托が
ハチの巣に似ていることが名前の由来になったそうです。

ハスはレンコンの花で
花を観賞するのは 花ハスと呼びます。

ハス(古代ハス) 画像

撮影 2013.7.9 茨城県

仏教と縁の深い花で
仏像の台座などにも使われています。
水練鉢などの ある程度大きさのある水の張れる容器で育てます。
荒木田土などを使用して水を張ります。
花や茎や葉っぱにアブラムシがつきやすく
ボウフラなどにも注意して育てます。

ハス(古代ハス) 画像

撮影 2013.7.9 茨城県

殖やし方は株分けです。
画像は 古代ハスです。
古代ハスは太古の昔から伝わるハスで
行いの良い人には
花が開く時に 「ポン」と音が聞こえるそうです。
聞いてみたいなぁ・・

写真は 茨城県の親水公園で写しました。





スポンサーリンク

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive