ヒガンバナ、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)


ヒガンバナ、曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 画像

撮影 2013.9.21 茨城県

ヒガンバナは9月20日の誕生花です

ヒガンバナの別名
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

ヒガンバナの科と属性
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物

ヒガンバナの草丈
40~50cmくらい

ヒガンバナの花言葉
悲しき思い出、情熱

スポンサーリンク

ヒガンバナの育て方など

ヒガンバナ、曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 画像

撮影 2013.9.22 千葉県

ホースリール 不要 伸びるホース 15m

ヒガンバナは曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の別名でも
よく知られている
秋の彼岸の頃に 真っ赤に咲く花です。

 

 
芽を出すと凄いスピードで
にょきにょきっと伸びながら
花が咲いていきます。

 

シロバナマンジュシャゲ 画像

撮影 2013.9.22 千葉県

 

ヒガンバナの他に
ナツズイセン、ジョウキラン、キツネノカミソリなどを総称して
リコリスと呼ぶそうです。

 

シロバナマンジュシャゲ 画像

撮影 2013.9.22 千葉県

 
ヒガンバナにそっくりの白い花を咲かせているのは
シロバナマンジュシャゲという名前で
ジュウキランとヒガンバナを交配して
つくられたそうです。

 

 
私の家の近くにも
植えた覚えがないのですが
毎年真っ赤に燃えるように
ヒガンバナの花が咲きます。

 

 
ヒガンバナの育て方で注意するのは
移植は嫌いのようで
最低でも5~6年は植えたままにしておいたほうが
良い花が咲くようです。

 

 
ヒガンバナは花を咲かせた後に
葉が出てきます。

 

 
植え替える時には
この葉が黄色くなってくる頃(7月~8月)に
丁寧に球根をほりあげて
急いで植えます。

 

ヒガンバナ、曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 画像

撮影 2013.9.22 千葉県

 
浅く植えると分球してしまい
花が咲かなくなるので
球根の高さの3倍位の土を乗せます。

 

 
肥料もそれほど気を使わなくても大丈夫で
定植後に1平方メートルに
堆肥2キロと化成肥料を50グラムくらい与えます。

スポンサーリンク

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive