アメジストセージ、メキシカンセージ、ベルベットセージ

アメジストセージ、メキシカンセージ 画像

撮影 2013.10.7 茨城県

アメジストセージは
10月13日、10月29日、11月13日の誕生花です

アメジストセージの別名
メキシカンセージ
メキシカンブッシュセージ
ベルベットセージ
学名 Salvia leucantha

アメジストセージの科と属性
シソ科サルビア属

アメジストセージの草丈
1.2メートル前後

アメジストセージの花言葉
家庭愛、家庭的

スポンサーリンク

アメジストセージの育て方など

アメジストセージ、メキシカンセージ 画像

撮影 2012.10.10 茨城県

友人から株分けしてもらった
アメジストセージの花が咲きました。

 
美しい紫色の
ビロード状の軟毛に覆われた花です。

 
広い場所で育てると
迫力があります。

 

 

 

アメジストセージはとても強健で
植えっぱなしにしても
生育が早く
育てやすい花です。

 

アメジストセージ、メキシカンセージ 画像

撮影 2013.10.7 茨城県

 
セージの仲間は
750種以上もあるそうです。

 

 
アメジストセージは
花後に短くカットして
株を休ませると
翌年も沢山の芽を出してくれます。

 

 

 

スポンサーリンク

ペチュニア

ペチュニア 画像

撮影 2013.6.26 茨城県

ペチュニアは7月22日の誕生花です
ペチュニアは8月25日の誕生花です
ペチュニアは10月30日の誕生花です

ペチュニアの別名
ツクバネアサガオ
学名 Petunia X hybrida
英名 petunia

ペチュニアの科と属性
ナス科ペチュニア属
半耐寒性1年草、多年草

ペチュニアの草丈
20cm~30cm

ペチュニアの花期
3月~10月

ペチュニアの花言葉
安心感、あなたといっしょなら自然と心が安らぐ

スポンサーリンク

ペチュニアの育て方など

ペチュニア 画像

撮影 2013.7.4 東京都

10%OFF★花径8cmの大輪で白い覆輪模様の花が長い間咲きます★送料70円郵便OK★【ペチュニア】…

花の色や大きさが豊富にあり
夏の花壇や鉢、プランター植えに人気のある花です。

 

大輪花や八重咲き、2色咲きなどがありますが
最近は小輪で多花性の
雨にも強い
背丈の低い匍匐(ほふく)性の品種として
サフィニアシリーズや
バカラシリーズ、
ミリオンベル、
ブリエッタなどの人気も高いですね。

 

 

サフィニア 画像

撮影 2013.6.25 茨城県

私はサフィニアを育てています。
霜が降りる前に切り戻して
霜に当たらない場所に移動して冬を越させています。

 

冬を越した株は
春頃から花が咲き始めるのでとても嬉しいです。

 

毎日沢山の花を咲かせるので
肥料はこまめに与えて育てています。

 

花柄を摘み 種をつけさせないように育てると
長く楽しめます。

 

枝が長くなってきたら 3分の1くらいに切り戻しをすると
また形が綺麗になり また咲き始めます。

 

切り戻しをした枝は
さし木をして殖やすこともできます。

 

置き場所は日なたの風通しの良い場所です。

 

 

昨年種をつけてしまった サフィニアの種を蒔いてみました。

ペチュニア 画像

撮影 2013.6.25 茨城県

あらら・・

ペチュニア 画像

撮影 2013.6.25 茨城県

ペチュニアになってしまったようです。
花色は色々・・

ペチュニア 画像

撮影 2013.6.25 茨城県

 

枝は垂れ下がらず 上に向かって伸びていきます。

スポンサーリンク

ヘメロカリス

ヘメロカリス 画像

撮影 2013.6.18 茨城県

ヘメロカリスは6月4日の誕生花です

ヘメロカリスの別名
デイリリー
学名 Hemerocallis.L.
英名 day lily

ヘメロカリスの科と属性
ユリ科ユウスゲ属(ヘメロカリス属)
多年草

ヘメロカリスの草丈
30cm~1.2m

ヘメロカリスの花期
5月~10月

ヘメロカリスの花言葉
微笑、宣言、媚態




スポンサーリンク




ヘメロカリスの育て方など

ヘメロカリス 画像

撮影 2013.6.18 茨城県




野菜も花にも果実を元気に育てる!植物用万田酵素♪アミノアルファプラス


原産地は東アジアです。

 

アメリカでの品種改良が盛んのようで
毎年 新しい花が発表されています。

 

ヘメロカリス 画像

撮影 2013.6.30 茨城県

キスゲやユウスゲ、ハマカンゾウ、ヤブカンゾウなども
ヘメロカリスの仲間です。

ヘメロカリス 画像

撮影 2013.6.25 茨城県

 

アブラムシがつきやすいのですが かなり丈夫な花で
毎日花を咲かせます。

 

植え場所は日当たりの良い場所が好みです。

 

殖やし方は分球か実生です。

 

肥料は多肥を好みます。

スポンサーリンク