ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ

ラークスパーは4月17日、4月19日、
12月20日の誕生花です

ラークスパーの別名
チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ(飛燕草)

ラークスパーの科と属性
キンポウゲ科ヒエンソウ属

ラークスパーの草丈
80センチ~100センチ

ラークスパーの花言葉
信頼、軽快、壮大、清明、慈悲、幸福、あなたを褒める、変わりやすい、高貴、尊大、清明、あなたは幸福をふりまく、陽気

スポンサーリンク

ラークスパーの栽培・育て方など
 

ラークスパーは別名をチドリソウやヒエンソウと言います。

 
以前は
よく花束で見るディルフィニウムと同じ花かと思っていましたが
別の品種です。

 

ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ 画像

 

ラークスパーはキンポウゲ科ヒエンソウ属で
ディルフィニウムはキンポウゲ科デルフィニウム属だそうです。

 
どちらも秋蒔きの一年草と扱われていますが
ディルフィニウムは温かい地方では
冬越しするようです。

 
我が家のラークスパーは
毎年こぼれた種から芽を出して花を咲かせてくれます。

 
手間のかからない花なんですが
時々大きくなりすぎて倒れてしまうこともあります。

 
ラークスパーの品種は一重咲きと八重咲きがあり
花色は白、ピンク、紫、ブルー、赤などがあります。

 
ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ 画像
 

ラークスパーの種を蒔く場合は
10月中旬から下旬頃に
直播きするかポットに蒔きます。

 
移植は嫌いなのでなるべく直播きが良いかなと思います。

 
冬までに株を大きくしておくと
花付きがよくなります。

 
霜は苦手なので霜よけが必要です。

 
チドリソウの好きな場所は
日当たりが良く水はけの良い場所です。

 

 
スポンサーリンク

レンギョウ

レンギョウは1月10日、3月16日の誕生花です

レンギョウの別名
漢名は黄寿丹(ほわんしょうたん)

レンギョウの科と属性
モクセイ科の落葉広葉低木

レンギョウの花期
3月~4月頃

レンギョウの花言葉
希望、豊かな希望、かなえられた希望

スポンサーリンク

レンギョウの栽培・育て方など
 

レンギョウ 画像

撮影 2014.4.6 千葉県


 
レンギョウは中国原産です。

 
葉の出る前に花が咲くので
春先に木全体が黄色く見えて綺麗ですね。
 
・・・あれ 今年は葉っぱもいっしょ・・

 
花が大きく鮮やかな黄色い色の花が咲くのが
チョウセンレンギョウという品種です。
たぶん一番よく見かけるレンギョウじゃないかと思います。

 
他には
花がうつむいたように咲くシナレンギョウや
日本の在来種のヤマトレンギョウなどがあるようです。

 
レンギョウの育て方は
葉のない(秋から早春)時期に
よく日の当たる場所に植えます。
 

レンギョウ 画像

撮影 2014.4.6 千葉県


 
生垣にチョウセンレンギョウを植えると
数年でみごとな垣根が出来上がるようです。

 
少し大きめの穴を掘り
堆肥や腐葉土を多めにすき込んで
高めに植えつけるのがコツのようです。

 
レンギョウの枝を沢山切る剪定は
花が終わってすぐ後に
枝の付け根から切ります。

 
枝の途中から切るより 良い枝がでるそうです。

 
レンギョウの増やし方は
15cm~20cmの枝を 3月~4月頃にさし木をして増やします。
 

又は春や秋に株分けやとり木でも増やせます。
 
 

スポンサーリンク

ストケシア、ルリギク、瑠璃菊

ストケシア 画像

撮影 2013.6.26 茨城県

ストケシアは6月4日、6月25日の誕生花です
ストケシアは7月4日の誕生花です

ストケシアの別名
瑠璃菊、ルリギク
学名 Stokesia laevis
英名 Stokes’aster,stokesia

ストケシアの科と属性
キク科ストケシア属
耐寒性多年草

ストケシアの草丈
30cm~60cm

ストケシアの花期
6月~10月

ストケシアの花言葉
清楚な娘、追想、清らかな乙女、清楚

スポンサーリンク

ストケシアの育て方など

野菜も花にも果実を元気に育てる!植物用万田酵素♪アミノアルファプラス

北アメリカ原産で大正初期に日本に輸入されました。
花色は紫、白、黄色、ピンク、オレンジなどがあります。
花の色によってイメージががらっと変わる花なので
好みの色をみつけると良いと思います。

 

 

次々と花を咲かせ
切花でも楽しめるので
花壇の花としては人気がある花です。

 

植え場所は日当たりと排水の良い場所がオススメです。

 

丈夫な花ですが
極端に乾燥すると枯れてしまう事があります。

 

適度な水遣りを忘れないように注意が必要です。

 

耐寒性はあるのですが
物凄く寒い地方での越冬は困難ですので
鉢植えで育てたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

ルドベキア

ルドベキア 画像

撮影 2013.6.19 茨城県

ルドベキアは7月21日、7月31日の誕生花です
ルドベキアは10月14日の誕生花です

ルドベキアの別名
学名 Rudbeckia.L
英名 coneflower

ルドベキアの科と属性
キク科ルドベキア属
多年草、一年草

ルドベキアの草丈
30cm~3m

ルドベキアの花期
6月~11月

ルドベキアの花言葉
強い精神力、立派な、正義、公平、正しい選択

ルドベキアの育て方など

ルドベキア 画像

撮影 2013.6.19 茨城県





野菜も花にも果実を元気に育てる!植物用万田酵素♪アミノアルファプラス



北米原産の
とても強い繁殖力があると言われているルドベキアの苗を買いました。

品種改良されて 一重咲きや二重咲き、半八重咲き、八重咲きと
色々あります。

日本各地で 野生化している品種もあるそうです。

植え場所は日なた~半日陰が適しており
殖やし方は 株分けか実生です。

どこでも元気に育ちそうですね。




スポンサーリンク

ラベンダー

ラベンダー 画像

撮影 2013.5.13 茨城県

ラベンダーは5月24日の誕生花です
ラベンダーは7月5日の誕生花です
ラベンダーは7月19日の誕生花です
ラベンダーは12月3日の誕生花です

ラベンダーの科と属性

シソ科ラベンデェラ属の常用小低木
学名 Lavandula
英名 lavender,English lavender

ラベンダーの草丈

50センチ~60センチ

ラベンダーの花期

5月~9月

ラベンダーの花言葉

繊細、優美、疑惑、沈黙、期待、あなたを待っています、答えをください

ラベンダーの育て方など

花木・果樹・観葉植物など日本最大級のガーデニングサイトなら【日本花卉ガーデンセンター本店】

ハーブの女王と呼ばれているラベンダーです。

入浴剤やポプリ、香料、精神安定や沈静効果など利用できる範囲が広いハーブです。

私は気持ちをリラックスさせる作用のあるこの香りが大好きです。



ラベンダー ブルーセント 画像

撮影 2013.5.13 茨城県

ラベンダー ブルーセントは花が小さめに咲きますが 香りはとっても強めです。
ラベンダーの植え場所は日当たりが良く排水のよい場所がお勧めです。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりあげますが

水のやりすぎには注意が必要です。



梅雨の時の雨は嫌うので 鉢植えで管理した方が楽のような気がします。

地植えにするなら アルカリ性の土を好むので 植え付け前に石灰をまいておくと良いでしょう。



花が終わったら一度刈り込むのが上手に育てるポイントのようです。

株が小さい時は 花の下の葉を2~3枚つけて切ります。

大きな株の時は思い切って3分の2位を切ります。



挿し芽でもふやせます。

スポンサーリンク

タイム(ロンギカウリスタイム)

caption id=”attachment_359″ align=”alignnone” width=”400″]ロンギアウリスタイム、タイムロンギカウリス 画像 撮影 2013.4.18 茨城[/caption]

ロンギカウリスタイムの科と属性


シソ科イブキジャコウソウ属の耐寒性常用低木

ロンギカウリスタイムの草丈


10センチ位(矮性)

ロンギカウリスタイムの花言葉


清潔感

ロンギカウリスタイムの育て方など

植物本来の生命力を引き出す!

タイムは種類も多く それぞれに性質も異なります。

ロンギカウリスタイムはタイムの中では 耐寒性と乾燥に強いのでグランドカバーにお勧めだと言われています。

植え場所は水はけと通気が良い場所に植え 肥料は少なめにします。

ロンギアウリスタイム、タイムロンギカウリス 画像

撮影 2013.4.10 茨城県

我が家でも ポット植のロンギカウリスタイムを一つ植えただけでしたが

とても早く地面を覆ってくれました。

ロンギアウリスタイム、タイムロンギカウリス

撮影 2013.4.10 茨城県

我が家は殖えすぎって思うほどですが、殖やしたいと思う時は

梅雨前に刈り込みをした時などに 株分けやさし木で殖やせます。

ロンギアウリスタイム、タイムロンギカウリス 画像

撮影 2013.4.22 茨城

5月頃 薄紫がかったピンク色の花を沢山咲かせます。
シバザクラよりは地味なピンク色ですが
香りも良くピンクのジュータンのようです。

スポンサーリンク


花・ガーデニング ブログランキングへ