ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ

ラークスパーは4月17日、4月19日、
12月20日の誕生花です

ラークスパーの別名
チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ(飛燕草)

ラークスパーの科と属性
キンポウゲ科ヒエンソウ属

ラークスパーの草丈
80センチ~100センチ

ラークスパーの花言葉
信頼、軽快、壮大、清明、慈悲、幸福、あなたを褒める、変わりやすい、高貴、尊大、清明、あなたは幸福をふりまく、陽気

スポンサーリンク

ラークスパーの栽培・育て方など
 

ラークスパーは別名をチドリソウやヒエンソウと言います。

 
以前は
よく花束で見るディルフィニウムと同じ花かと思っていましたが
別の品種です。

 

ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ 画像

 

ラークスパーはキンポウゲ科ヒエンソウ属で
ディルフィニウムはキンポウゲ科デルフィニウム属だそうです。

 
どちらも秋蒔きの一年草と扱われていますが
ディルフィニウムは温かい地方では
冬越しするようです。

 
我が家のラークスパーは
毎年こぼれた種から芽を出して花を咲かせてくれます。

 
手間のかからない花なんですが
時々大きくなりすぎて倒れてしまうこともあります。

 
ラークスパーの品種は一重咲きと八重咲きがあり
花色は白、ピンク、紫、ブルー、赤などがあります。

 
ラークスパー、チドリソウ(千鳥草)、ヒエンソウ 画像
 

ラークスパーの種を蒔く場合は
10月中旬から下旬頃に
直播きするかポットに蒔きます。

 
移植は嫌いなのでなるべく直播きが良いかなと思います。

 
冬までに株を大きくしておくと
花付きがよくなります。

 
霜は苦手なので霜よけが必要です。

 
チドリソウの好きな場所は
日当たりが良く水はけの良い場所です。

 

 
スポンサーリンク